社会

ボーリング作業か 辺野古新基地建設 護岸で被覆ブロックと石材投下

ボーリング調査とみられる作業を進める台船=9日午前9時37分、名護市辺野古

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で9日午前、海上ではボーリング調査とみられる作業が確認された。「N5護岸」では被覆ブロックの設置が進められた。「K1護岸」では、砕石をクレーンでつり下げて海中に投下し、ショベルカーでならす作業が確認された。
 東京都から訪れた女性は「砕石を積んだダンプの車列を見ると悲しくなる。現状を変えないといけない」と話した。「K9護岸」では作業は確認されなかった。【琉球新報電子版】


「N5護岸」に設置される被覆ブロック=9日午前9時48分、名護市辺野古

海に砕石を投下するクレーン=9日午前10時ごろ、名護市辺野古の「K1護岸」


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス