くらし

[ココロ・カラダ不思議つながり]38 妊娠を避けるには?

Q.妊娠を避けるには?

 


 今日の質問は、妊娠を避けるためにはどうしたら良いですか。手をつなぐなど、どの程度までは大丈夫なのかと心配です です。中学3年生からです。


A.セックスに完全な避妊方法ない

 


 妊娠を避ける方法を知るには、妊娠がどのようにして起こるかを知る必要がありますね。

1.ペニスがぼっ起して膣に入ります。
2.ペニスの先から精子が膣内に射精されます。
3.精子は子宮を通って卵管へ進みます。
4.卵子は、卵巣から出て卵管さいに取り込まれます。精子が卵子のところまできて合体すると受精卵となります。受精卵は細胞分裂を繰り返しながら卵管の中を子宮まで移動します。
5.受精卵が子宮内膜に着床して育ち始めると妊娠した、といいます。



 説明した段階のどこかで止めれば妊娠を避けられます。セックスをしないのは1.を止めることです。

 コンドーム(ゴムやビニールでできた薄い袋)をペニスにかぶせるのは2.を止めることです。

 3.を止める道具のペッサリーは、助産師の指導が必要です。

 4.を止めるホルモンのお薬のピルは、医師の診察を受けて処方してもらいます。

 5.を止める道具のリングは、妊娠経験がない人が使うのは難しい方法です。

 2.~5.を避妊と呼びます。残念ながら、2.~5.までの方法は100%確実とは言えません。それから、3.~5.の方法は性行為で感染する病気(性感染症)の感染を防ぐことはできません。

 だから質問の答えとしては、手をつなぐ・抱きしめる・キスをする、では妊娠はしません。ペニスを膣に入れるセックスは避妊をしても妊娠することがあるので、確実に妊娠しないためにはセックスをしない方が良い、ということになります。

 セックスをしないで妊娠する方法もあります。「生殖補助医療」と呼ばれ、女性の身体の外で精子と卵子を合体させ、できた受精卵を子宮に着床させて妊娠させます。この医療の助けで生まれる子どもは年々増えています。
 



徳永桂子(とくなが・けいこ) 思春期保健相談士。

 心が生きると書く「性」、心が生きて交わる・お互いの心を生かして交わると書く「性交」の漢字の通り、子どもたちがありのままの自分を肯定できるように。豊かなパートナーシップを築けるように。みんなで明るく肯定的に性について語れたらいいなと思って活動中。

 新報小中学生新聞に「ココロ・カラダ不思議つながり」を連載中。著書に「からだノート~中学生の相談箱」(単著)「LGBTなんでも聞いてみよう~中・高生が知りたいホントのところ」(共著)など。
 

~ この連載が本になりました ~

ココロ・カラダ不思議つながり

 
徳永桂子・著/上原明子・イラスト
A5変型判 128頁(オールカラー)

¥1,250(税抜き)