社会

リウボウで初商い 福袋に3500人

福袋を買い求める客でごった返す店内=2日午前、那覇市久茂地のデパートリウボウ

 パレットくもじ・デパートリウボウ2018年初商いが2日、同店で開かれた。お目当ての福袋を買い求めようと、開店前から3500人が行列をつくった。来店客は午前9時半のオープンで一斉に店内になだれこみ、駆け足で売り場に向かっていた。
 福袋は同店全館で約9千個を販売した。人気の1万円福袋は330個の一部に家電や航空券などの豪華景品の引換券が入っている。昨年から個増やしたが、開店前に整理券を配り終えるほどの人気をぶり。各売り場でも数量限定の福袋が次々と完売した。大きな袋をいくつも提げてほくほく顔の来店客が店内にあふれていた。
 1万円福袋でドライヤーが当たった安里睦美さん(54)=沖縄市=は「福袋のために1年頑張って働いているという感じだからとってもうれしい」と笑顔を魅せた。姉の山根朝子さん(56)=うるま市=はマッサージクッションが当たった。「あまり並ばずに当たったからラッキー」とうれしそうに話した。【琉球新報電子版】