政治

稲嶺氏、辺野古反対を強調 名護市長選で政策発表

名護市長選に向けて政策について発表する稲嶺進氏=8日、名護市

 【名護】1月28日告示、2月4日投開票の名護市長選に立候補を表明している現職の稲嶺進氏(72)=社民、共産、社大、自由、民進推薦=が8日、名護市内で公約を発表した。

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について「市民の命と暮らし、県民の誇りと尊厳を守り抜くために新基地は造らせない」と強調し、新基地問題に終止符を打つと訴えた。
 北部活性化について「大胆な産業振興で地域経済を発展させる」とし、ITイノベーション戦略センター誘致や、那覇~名護間の高速艇運行、観光ロープウェイ構想推進などを掲げた。
 その他、給付型奨学金創設などの教育・子育て支援や、基幹病院設置、区財政支援実施など七つの柱を掲げた。【琉球新報電子版】