政治

小野寺氏、抜本的対策申し入れ マティス氏謝罪し「徹底したい」 読谷米軍ヘリ不時着

普天間飛行場所属機の相次ぐ事故について、マティス米国防長官に抜本的な対策を講じるよう申し入れたと説明する小野寺五典防衛相=9日午前8時ごろ、防衛省

 【東京】小野寺五典防衛相は9日午前、米国のマティス国防長官と電話会談を行い、米軍普天間飛行場所属の米軍機が不時着を起こすなど事故が相次いでいることを受け、再発防止策や点検整備の徹底など抜本的な対策を講じるよう申し入れた。抗議はしなかった。

 マティス氏は「重要な課題としてしっかり徹底していきたい」などと語り、沖縄など基地周辺住民に対し「申し訳ない」などと謝罪した。小野寺氏が会談後、記者団の取材に説明した。

 会談は朝鮮半島情勢に関する意見交換のために行われた。その中で沖縄で頻発する米軍機の事故についても意見が交わされた。

 小野寺氏は会談で、沖縄では昨年9月から米軍機の事故が相次いでいると説明した。マティス氏が米軍機の緊急着陸事案を十分認識していたとの印象を受けたという。マティス氏から事故の頻発理由についての説明は無かった。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス