スポーツ

年始に特大尾長グレ

12月31日、金武湾で42センチ・1.5キロのヨナバルマジクを釣った田島快飛君(こなみ丸)

 釣り納めや釣り初めにと、年末・年始は多くの釣り人が釣りを楽しんだ。12月31日、田島快飛君は釣り好きなお父さん、田島司さんと一緒に正月用のタイを狙って金武湾に出掛けた。

 午前9時に浜田漁港からこなみ丸で出船。10分ほどで水深30メートルほどのポイントに到着。早速天秤(てんびん)仕掛けを落としてアタリを待った。9時半に竿(さお)先が大きく突っ込み、38センチ・1キロ強のヨナバルマジクが釣れた。その後、午前11時にさらに大きなアタリがあり、竿を持って数分やり取りをして、水面には42センチ、1・5キロのヨナバルマジクが浮いた。その後はマクブやタマン等を追加して、正月の食卓を飾るには十分な魚を釣った。

 年が明けた1月2日、當銘俊樹さんは2泊3日の予定で友達2人と那覇一文字に初釣りに出掛けた。北の新堤の本命ポイントで、2日、3日と粘ったが目立った釣果は無かった。

 最終日の4日、午前9時に、よそ見をしていたらラインが走り、アワセると掛かった魚は底へ底へと突っ込んだ。竿を立て2~3分やり取りをしていると、海面に浮いたのは58センチ、4・16キロの特大尾長グレ。幼稚園の頃から釣りを始め、18歳になってようやく憧れの尾長グレを釣り上げ、一生忘れられない思い出となった。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


12月24日、古宇利沖で121センチ・19.4キロのカンパチを釣った仲松太一朗さん

1月3日、那覇港で1.8キロのアオリイカを釣った石垣良磨さん


1月7日、糸満沖で111センチ・22キロのアーラミーバイをテンヤ仕掛け(ハリス7号)で釣った富田正利さん

1月3日、北谷海岸で46.5センチ・1.85キロ、44.5センチ・1.4キロのチヌと35センチのイラブチャーを釣った平良翼さんと平良真さんと宮城建斗さん(チームおさる)


12月23日、名護海岸で640グラムと420グラムのアオリイカを釣った岸本侑之介君

12月30日、慶良間沖で94センチ・11.1キロのオーマチを釣った宮城義信さん


1月4日、那覇一文字で58センチ・4.16キロの尾長グレを釣った當銘俊樹さん

1月6日、西崎海岸で32.5センチ・0.6キロほかのチヌを釣った知花大地君


海あっちゃーガールのブログはこちら
↓ ↓ ↓