経済

石垣牛初競り高値 全頭4等級以上、最高キロ3600円

JA石垣牛の枝肉の初競りに参加する購買人ら=1月12日、石垣市の八重山食肉センター

 【石垣】JA石垣牛枝肉の初競りが1月12日、石垣市の八重山食肉センターで開かれた。14頭が競りにかけられ、平均価格は昨年(15頭)より216円高い3179円で幸先の良いスタートを切った。最高値は1キロ当たり3600円だった。

 等級は最高ランクの「A5」が6頭、「A4」が8頭で、島内外の13業者が競りに参加した。最安値は2800円。

 JAおきなわ八重山地区畜産振興センターによると、2017年の販売頭数は前年比2・7%増の771頭、販売金額(税込み)は同2・5%増の10億2355万円だった。

 JA石垣牛肥育部会の宮良出力部会長は「(4等級以上の)上物率100%は今までになく、品質もそろってきた。今後は千頭の生産を目標にし、生産者を増やしたい」と話した。