経済

TSUTAYAサイトで「おしごと発見」 琉球新報の求人情報も掲載

求人情報に関する提携を発表した琉球新報開発の上間了社長(左から2人目)とTSUTAYAの原慶介HRメディアカンパニー長(同3人目)=19日、琉球新報社

 琉球新報開発(那覇市、上間了社長)とTSUTAYA(東京、増田宗昭CEO)は19日、求人情報に関する提携を発表した。琉球新報開発が募集し、琉球新報で毎週月曜に別刷り発行する求人・就職情報「ウィークリー1」の求人広告が、TSUTAYAの求人情報サイト「おしごと発見T―SITE」にも掲載できるセットサービスを2月から開始する。

 琉球新報開発は全国にサイト閲覧者がいるTSUTAYAとの連携で、ウィークリー1独自の求人サイトと併せたネット・アプリ対応の強化につなげ、県内企業の求人募集を全国に発信できる効果に期待する。

 TSUTAYAでは2015年にサービスを開始した「おしごと発見T―SITE」の沖縄エリアの情報充実につなげ、独自の求人サービスの普及を図る。TSUTAYAと沖縄の求人媒体との提携は初めて。

 セットサービスは、ウィークリー1の掲載料金に1万5千円(税別)を追加することで「おしごと発見T―SITE」にも求人情報が1カ月掲載される。

 新報開発の上間社長は「人材を求める企業や仕事を探す個人にとって間口は広い方が良く、全国に情報展開する強力なツールになる」と期待した。

 TSUTAYAの原慶介HRメディアカンパニー長は「紙の広告と共に、仕事やアルバイトを探す人とスマホでの接点をいかにつくるかが大事だ。ウィークリー1の信頼感を基に、データベースを使った新しい提案など沖縄の求人を変える第一歩にしていく」と述べた。