スポーツ

金武湾でヨナバルマジク

15日、金武沖で2.6キロを筆頭に9匹のヨナバルマジクを釣った城間敏さんと崎浜秀智さん(こなみ丸)

 2日、ユニチカの杉原正浩さんのお誘いで宜名真沖のジギング、ライトキャスティングゲームに同行取材。メンバーは杉原さんの他、河野ちあきさんと、宮城調秀さん、亀谷究さん、仲本司さんの計5人。当日は北東の風が強く波4メートルの予報だったが、島陰になる宜名真沖なら安全に釣りが楽しめるとのことで午前8時に宜名真漁港を出船。

 美しい魚体のヨナバルマジク(タイワンダイ)は、沖釣り師憧れの魚。そんなヨナバルマジクを狙って15日、オーパFCの崎浜秀智さんと城間敏さんを誘って、浜田漁港からこなみ丸で金武湾に出掛けた。

 午前8時に出船して10分ほどのポイントに到着。エビでタイ釣るの言葉があるように、タイ釣りには生きた島エビが最高の餌とされている。しかし、活(い)きエビは入手できず、冷凍のシバエビとオキアミを用意した。ここのポイントはマクブも釣れると聞いて、私はシバエビを餌に仕掛けを下ろしアタリを待った。

 ヒットしたのは崎浜さん。50センチ・2キロオーバーの良型のヨナバルマジクが釣れた。続いて城間さんにも。オキアミ餌の2人はヨナバルマジクやガーラなどをコンスタントに釣った。

 シバエビ餌の自分の竿(さお)には餌取りのアタリもない。餌を変えた途端にヒットした。リールを巻き上げると、クイクイと小気味の良い引きで楽しませてくれて、私にも2キロ前後の良型が2匹釣れた。

 納竿(のうかん)前に、城間さんがこの日最大の2・6キロを釣り、3人でトータル9匹のヨナバルマジクを釣った。そのうちの5匹は2キロオーバーと型にも恵まれた。第3こなみ丸(電話)090(8838)5612。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


16日、安謝海岸で1.5キロのアオリイカを釣った漢那浩一郎さん(莉子さん)

16日、恩納村海岸で4.4キロのクブシミを釣った竹熊翼さん

18日、佐敷海岸で51.2センチ・2.4キロのチンシラーを釣った當眞嗣村さん


14日、読谷海岸で72センチ・5.15キロのタマンを釣った宮里洋輔さん

19日、名護海岸で70センチ・4.22キロのタマンを釣った神成優吾さん


2日、伊是名一文字で85センチ・10.3キロのイヌパーを釣った内間勇稀さん

15日、浜川漁港で41センチと40センチの尾長グレを釣った比嘉秀史さんと宮里達也さん


20日、なうら橋で50.3センチ・1.78キロのチヌを釣った上里成男さん

16日、西崎漁港で45.5センチ・1.63キロのチヌを釣った高野豪光さん