スポーツ

宮古島で県記録のウムナガー

2月9日、宮古島通り池で磯釣り県記録となる86.5センチ・7.4キロのウムナガーを釣った伊志嶺建太さん

 宮古島在住の伊志嶺建太さん(宮古島釣好海)は9日、早朝6時半に大物を狙って通り池のポイントに入り、タコを餌に仕掛けを投入してアタリを待った。

 午前11時50分、竿(さお)が大きく曲がりリールからラインが引き出され、急いでアワセを入れるとさらに20メートルほどラインを引き出したところで最初の走りが止まった。3回ほど抵抗があったが足下に寄せた。

 海面に浮いた魚は見たことのないでっかいウムナガー。自分で崖下まで下りてギャフを掛けて引き上げた。これが86・5センチ、7・4キロの沖縄県磯釣り記録となる1匹となった。


2月10日、第3回銀狼カップチヌ釣り大会1回戦で上位入賞した皆さん

 10日、名護漁港で第3回銀狼カップチヌ釣り大会沖縄大会1回戦。チヌ5匹までの総重量を競った。上位5名は2回戦への出場権を獲得した。

▽1位 中村守 2匹 2・142キロ

▽2位 新城卓也 2匹 2・062キロ

▽3位 比屋根学 5匹 1・932キロ

▽4位 比嘉正志 5匹 1・866キロ

▽5位 比嘉渉 1匹 1・706キロ

 11日、糸満市西崎で2018ジャパンカップクロダイ釣り選手権大会沖縄大会。L文字となべ堤に分かれてチヌ5匹までの重量を競った。上位2名は全国大会出場権を獲得した。

▽1位 渡嘉敷大輔 3匹 1・380キロ(L1位)

▽2位 廣渡良満 1匹 0・720キロ(なべ1位)

▽3位 上原竜男 2匹 1・080キロ(L2位)
(おきなわ釣王国社・仲栄真修)


2月11日、ジャパンカップクロダイ釣り選手権大会沖縄大会で3匹のチヌ1.380キロを釣り上げて優勝した渡嘉敷大輔さんとご家族の皆さん

2月3日、安謝港で60.5センチ・2.8キロのシルイユーを釣った水島睦夫さん


2月3日、石垣島名蔵海岸で43センチ・1.17キロのチヌを釣った仲里剛之さん

2月11日、那覇港で35.6センチ・0.76キロほかのチヌを数釣りした下地貞幸さん


2月2日、那覇一文字で47.2センチ・1.45キロと44センチ・1.18キロの尾長グレを釣った石川清久さん

2月4日、西崎一文字で62センチ・4.86キロのジキランカーハジャーを釣った運天雄二さん(魚軍団)


2月9日、西原マリンタウンで44センチ・1.37キロのチンシラーを釣った宮城翔太さん

1月25日、那覇一文字で44.5センチ・1.15キロほかを釣った上間賢司さん


関連するニュース