社会

ロト6億円が沖縄から出た 確率は約610万分の1

 19日に抽選があった第1253回ロト6で沖縄県内の売り場から1等6億円が出ていたことが22日までに分かった。1等が出たのは豊見城市の豊見城イオンタウンチャンスセンター(宝くじ売り場)。

 ロト6は1~43の数字の中から異なる6個の数字を選ぶ「数字選択式宝くじ」で、1等当選の確率は約610万分の1。

 みずほ銀行によると同回での1等当選はこの1本のみという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス