社会

K2護岸でブロック積み下ろし 辺野古新基地建設 カヌー市民一時拘束

:K2護岸で砕石の上に並べられる被覆ブロック=24日午前、名護市の米軍キャンプ・シュワブ沿岸

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で24日、米軍キャンプ・シュワブ沿岸のK2護岸では、海に投下した砕石をショベルカーでならしたり、砕石の上に被覆ブロックをクレーンで並べたりする作業が確認された。
 1月下旬に工事に着手したK2護岸は約220メートルの計画のうち、100メートル以上の工事が進んでいる。
 海上では抗議船2隻とカヌー12艇が「ブロック投下をやめろ」「美ら海を壊すな」などと抗議し、カヌーに乗っていた市民が海上保安官によって一時拘束された。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス