政治

「国の主張認められた」 小野寺防衛相判決を歓迎 辺野古推進を強調

辺野古新基地を巡る岩礁破砕の差し止め訴訟で国の主張が認められたと語る小野寺五典防衛相(中央)=13日午後3時15分ごろ、防衛省

 【東京】小野寺五典防衛相は13日、辺野古新基地建設を巡る岩礁破砕の差し止め訴訟で、県の訴えを却下した判決が出たことについて「国の主張が認められた。辺野古移設に向けた工事を進め、普天間飛行場の一日も早い返還を実現したい」と歓迎し、建設事業を推進するとあらためて明言した。

 岩礁破砕行為に関する新たな工事や地元名護市に交付される予定の再編交付金についての明言は避けた。

 今後の渡具知武豊名護市長との面談予定については「従前から事務レベルで工事についての説明をしている。求めがあれば説明したい」とした。【琉球新報電子版】