社会

北風強く冷え込む 3カ所、瞬間風速新記録

身を縮めて寒そうにサッカーを観戦するファンら=4月7日午後、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場(具志堅千恵子撮影)

 7日の県内は高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で冷え込み、2月上旬~3月中旬並みの最低気温となった。北風も強く、午後6時現在の最大瞬間風速は渡嘉敷島で21・5メートル(午前4時21分)、宮古島市の下地島空港で23・1メートル(同2時48分)、竹富町大原で20・0メートル(同0時23分)を観測し、それぞれ4月の観測史上最大値を更新した。

 日中も気温が上がらなかった。最高気温は国頭村奥で前日を9・6度下回る15・0度、南城市玉城字糸数で同8・3度下回る16・2度、那覇は同7・6度下回る18・7度だった。

 沖縄気象台によると、冬型の気圧配置は8日まで続き、最高、最低気温ともに平年を下回る見込み。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス