社会

新たに3人の感染確認 はしか患者38人に

 県地域保健課は11日、新たに男女3人の麻疹(はしか)の感染を確認したと発表した。県内で4年ぶりのはしか患者が3月下旬に確認されて以降、患者は計38人となった。

 新たに判明した3人は、南部管内の3歳女児、中部管内の20代の男性、名護市の0歳男児で、詳しい行動歴や感染源は調査中。

 3月下旬に初めて感染が確認されてから10日までに、107人の検査が行われた。10日は8人検査し、3人がはしかにかかっているとの結果が出た。【琉球新報電子版】



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス