経済

企業、賃上げ意向 総合事務局調査 社員の意欲向上へ

 沖縄総合事務局は24日、管内の賃金動向の調査結果を発表した。2018年度に正規職員の賃金を引き上げる企業は、態度未定の5社を除く34社となり、賃上げを「行わない」とした企業はゼロだった。県内景気の拡大に伴い業績が上向いている一方で、深刻化する人手不足に対処するために各企業が賃上げを行っている。

 賃上げの手法としてベースアップを行った企業と、定期昇給のみを行った企業はそれぞれ14社(41・2%)だった。ベースアップを実施せず一時金の増額を行ったのは6社(17・6%)となった。製造業はベースアップの実施が3社、定期昇給のみが5社だった。非製造業はベースアップの実施が11社、一時金増が6社、定期昇給のみが9社となった。

 賃上げを実施する理由(複数回答)で最も多かったのは「社員のモチベーション向上、待遇改善」の33社(97・1%)で、次いで「人材確保」の23社(67・6%)となっている。各企業ともに賃上げを実施することで人手不足に対応しているとみられる。「業績(収益)好調」が12社(35・3%)あるなど、県経済の拡大が賃上げにつながったケースもあった。

 調査は3月中旬から4月中旬にかけて実施。県内の対象企業は39社で、内訳は製造業が8社、非製造業が31社だった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス