地域

南城の有名カフェが富山の薬膳カフェとコラボ なはプラザにオープン 創業、就職支援も

スタートアップサロンとしても営業する春々堂withやぶさちの友利美由紀店長(中央)ら=那覇市銘苅のなは市民協働プラザBコア

 沖縄県那覇市銘苅のなは市民協働プラザBコアにこのほど、南城市の「Cafe やぶさち」の姉妹店となる薬膳カフェ「春々(ちゅんちゅん)堂withやぶさち」がオープンした。同施設内のなはし創業・就職サポートセンターと連携し、セミナー開催などの情報交換の場「スタートアップサロン」としても営業する。友利美由紀店長は「勉強会などでも活用してもらえれば」と話した。

 薬膳カフェは4月9日にオープン。富山県の老舗製薬会社廣貫堂の薬膳カフェ「春々堂」と業務提携し、10種類のスパイスとフルーツを使用した薬膳カレーや亀の甲羅のコラーゲンや漢方を使ったカメゼリーなど、生薬を食べやすく取り入れたメニューを提供している。カレーは富山の春々堂と共通のメニュー。やぶさちオリジナルのタンドリーチキンなどもある。

 友利店長は「食べ物には力があり、組み合わせたら立派な薬膳になって手軽に楽しめることを知ってほしい」と話す。

 カフェでは、創業や就職に関する支援セミナーも開催する。友利店長自身も自分の店を経営する夢を持つ。創業や就職など、新たな道に向けて歩む人たちが利用する施設で営業することに「頑張る人を応援していきたい」と笑顔を見せた。

 カフェと連携してセミナーを開く「なはし創業・就職サポートセンター」は、昨年8月に本庁舎から、なは市民協働プラザBコア地下1階に移転した。創業を目指す人や、経営に困っている人、就職を希望する人などの相談窓口として受け付けている。必要に応じて商工会議所やJAなど、連携している機関などを紹介する。

 小松崎愛相談員は「ゆったりとした雰囲気で相談することができる。気軽に利用してほしい」と話した。

 薬膳カフェ「春々堂withやぶさち」は、午前11時~午後9時(土日祝日は午後7時まで)。なはし創業・就職サポートセンターは平日午前9時~午後6時。相談は要予約。問い合わせは(電話)098(988)3163。