スポーツ
釣りへ行こう

鳩間一文字でカースビー

 27日、石垣島に本部がある釣りクラブ「フィードマン」の下里肇さんからのお誘いで、石垣島へ飛んだ。カーエー沖縄王座決定戦が終わって、夕方から石垣島へ渡り、西表島を経由して鳩間島一文字に渡るという強行スケジュール。

 この日のメンバーは石垣島本部からの4人と宮古島支部からの2人の計6人。一文字に着いたのは夕闇迫る午後6時。大急ぎで仕掛けを準備して、釣りを開始する頃にはとっぷりと日が暮れた。

 日没後は小さなアタリは多いがなかなか針掛かりしない。せっかく掛かった魚もサメに横取りされて、50センチ前後のウムナガーやムネアカクチビなどは釣れるが、遠征サイズの大型魚が釣れない。午前2時6分に下里さんの竿(さお)が大きく曲がった。落ち着いたやり取りで海面に浮かせたのは85センチ、7・5キロの特大カースビー。その後は新慎太郎さんが5キロのアカナーを釣り上げ、まずまずの釣果に恵まれた。

 25日から27日までの3日間、149人が参加して、沖縄本島、宮古島、石垣島の3会場を舞台に第14回カーエー沖縄王座決定戦が開催された。主な結果は次の通り。

 優勝 知念伊吹 1・86キロ 44・4センチ 伊江島▽準優勝 大浜直輝 1・73キロ 43センチ 読谷海岸▽3位  平良英雄 1・70キロ 41・5センチ 糸満海岸

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


5月28日、鳩間島一文字で85センチ・7.5キロほかを釣ったフィードマンの皆さん

5月27日、第14回カーエー沖縄王座決定戦で上位入賞した(左から)大浜さん、知念さん、平良さん

5月20日、名護海岸で63.5センチ・3.25キロのタマンを釣った久高絋大さん


5月22日、知念海岸で72.5センチ・7.35キロのマクブを釣った川上貴さん

5月27日、宮古島トゥリバー海浜公園で55センチのタマンを釣った與那覇宰さん


5月26日、残波海岸で43.8センチ・1.73キロほかのカーエーを釣った大浜直輝さん

5月25日、糸満釣り筏で73センチ・5.86キロのタマンを釣った神谷響さん


5月24日、那覇港で55センチ・1.89キロと35.5センチ・0.47キロのガーラを釣った上原健斗さん

5月29日、中城海岸で55センチ・3.26キロのマクブを釣った新垣光功さん


5月26日、中城海岸で58センチ・2.8キロのタマンを釣った町田直人さん

5月26日、北谷町アラハ海岸で35センチのカースビーをルアーで釣った城寺海冴さん


関連するニュース