政治

現職の仲田氏4期目出馬へ 24日に南大東村長選

仲田建匠氏

 【南大東】任期満了に伴う6月24日投開票の南大東村長選で、現職の仲田建匠氏(59)は6日、琉球新報の取材に対し「農漁業の振興や子育て支援、医療・教育の充実、観光振興などに引き続き取り組みたい」と述べ、4期目に向けて出馬の意向を示した。

 仲田氏は少雨によるサトウキビの深刻な被害を懸念し「農業用水の整備は計画の3割で低いが、サトウキビの機械化のための区画整備後にしか貯水池整備ができない。農業基盤の整備は時間がかかるが、引き続きしっかりやっていきたい」と語った。

 仲田氏は1959年1月25日生まれ。村在所出身。沖縄水産高卒。村議、JAおきなわ南大東支店長を経て、2002年~06まで村助役。06年に村長に初当選した。村長選では、他に立候補の動きはない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス