社会

民間ヘリが那覇港沖に墜落 搭乗パイロット1人が病院に搬送

 7日午後3時28分ごろ、航空自衛隊那覇基地が民間ヘリからの遭難信号を受信した。航空自衛隊が救助に向かったところ、那覇港から北西約40キロの海上でエクセル航空のJA350Dが墜落し、海上で手を振っている男性パイロット(46)を発見し、那覇市内の病院へ救急搬送した。

 粟国空港事務所によると、墜落した機体は那覇―粟国間を結ぶ便で、事故当時は那覇から粟国島へ向かっている途中だった。

 搭乗していたのは男性パイロット一人でほかにけが人などはいない。

 ヘリは那覇空港を同日午後3時12分に離陸し、同午後3時35分に粟国空港に到着予定だったという。【琉球新報電子版】