スポーツ

FC琉球がFC東京U―23に引き分け サッカーの明治安田J3第14節 6勝4分け3敗、勝ち点22

粘り強い守備を見せる西岡大志(左)と富樫佑太(右)=16日、東京都の江東区夢の島競技場(球団提供)

 サッカーの明治安田J3の第14節、FC琉球は16日、東京都の江東区夢の島競技場でFC東京U―23とのアウエー戦を行い、1―1で引き分けた。

 琉球はこれで6勝4分け3敗、勝ち点を22とした。

 前半から両チームは激しく攻め合うが、互いの堅守により得点は生まれず。均衡を破ったのは後半4分。和田凌が相手守備間のパスミスを見逃さずに飛び出し、押し込んで先制した。

 しかし同17分に相手のセットプレーから失点し1―1の振り出しに戻された。琉球は攻撃の手を緩めずに攻め続けたが相手GKの好セーブに何度も阻まれ、引き分けに終わった。

 次戦は23日午後6時から、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場でアスルクラロ沼津を迎え撃つ。【琉球新報電子版】