社会

那覇ー伊丹間で最大1時間の遅延 大阪地震、航空便に影響

 18日午前7時58分ごろ、大阪府付近で発生した地震の影響で、那覇空港ー伊丹空港を結ぶ航空便に最大で1時間5分の遅延が生じている。

 全日空によると那覇空港を午前11時15分に出発予定だったANA764便が午後12時20分出発予定となり、1時間5分の遅延が生じている。

 日本航空によると、午後12時5分出発予定だったJAL2084便が同12時45出発予定となり、30分の遅延が生じている。

 その後の便にも遅延などの影響が生じる可能性があるという。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス