社会

イリオモテヤマネコ車接触 事故最多ペース 西表島、今年5件目

国の天然記念物イリオモテヤマネコ

 【西表島=竹富】環境省西表野生生物保護センターによると、沖縄県竹富町西表島上原の県道215号で27日午前10時ごろ、走行中の自動車と県道わきの草むらから飛び出した国の天然記念物イリオモテヤマネコが接触する事故が発生した。事故に遭った個体は発見されていない。

 イリオモテヤマネコの交通事故は今年5件目で、過去最多だった2016年と同じペース。16年は年間7件の交通事故があり、6月までに5件発生していた。

 同センターは、今回の事故では車が低速走行だったため即死は免れており、けがをしていない可能性もあるとして、法定速度内での走行を呼び掛けている。