社会
台風25号接近

【台風8号・10日午後4時】宮古・下地島空港で最大瞬間風速44・8メートル

10日午後5児20分現在のひまわり8号リアルタイムWeb

 非常に強い台風8号は10日午後4時現在、宮古島付近にあり、1時間におよそ30キロの速さで西北西に進んでいる。下地島空港では10日午後3時12分に、最大瞬間風速44・8メートルを観測した。台風は非常に強い勢力を維持したまま、10日夜に先島地方に最接近する見込みだ。

 10日午後5時20分現在、宮古島地方、石垣島地方、与那国島地方、慶良間・粟国地方、久米島に暴風警報が発表されている。

 台風8号の勢力は10日午後4時現在、中心気圧940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルで、中心の北東側280キロ以内と南西側280キロ以内で風速25メートル以上の暴風となっている。

 宮古島市は10日午前10時ごろ、石垣島市も午後3時ごろ、暴風域に入った。与那国島地方でも午後9時ごろには暴風となる見込み。11日未明まで暴風が続く見込みで、沖縄気象台は「不要不急の外出は控えてほしい」と呼び掛けている。


 最接近は石垣島地方で10日夜の初めごろ、与那国島地方は10日夜遅くとなる見込み。最接近中の宮古島地方は吹き返しの風に注意が必要だ。八重山地方とともに最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルの猛烈な風が吹く予想となっている。最大瞬間風速60メートル以上は、家屋の倒壊や車両の横転なども発生するレベル。

 宮古島市下里で10日午後3時8分に最大瞬間風速43・1メートル、石垣市伊原間、慶良間で同36・5メートルを観測した。琉球新報の取材によると、同日午後5時半現在、浦添市で70代女性が、八重瀬町でも50代女性が風にあおられて転倒するなど、少なくとも4人がけがをしている。

 沖縄電力によると、10日午後5時現在、宮古島市で6850世帯、石垣市で390世帯、久米島町でも110世帯が停電している。

 海上はうねりを伴い、沖縄本島地方や宮古島地方では猛烈なしけとなっている。10日に予想される波の高さは、沖縄本島地方で9メートル、先島地方で12メートル。八重山地方は11日も10メートルの高波が予想されている。

 先島地方は台風本体の雨雲がかかり、10日夜から11日明け方にかけて、多い所で1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込み。11日午後6時までの24時間に予想される雨量は、先島地方の多い所で200ミリに達する予想で、沖縄気象台が土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を呼び掛けている。【琉球新報電子版】