地域

ペタンク 離島勢初参戦 久米島「西銘」 推薦で県大会出場へ

 【糸満】6月25日に糸満市で開催された「南部地区老人クラブ ペタンク大会」(南部地区老人クラブ連合会主催)で、29回目の大会で初めて離島からの参加があった。参加したのは久米島のチーム「西銘」の4人。残念ながら予選敗退となったが、主催者推薦で、9月の県大会「ねんりんピックペタンク交流大会」に出場する。チーム「西銘」の譜久里広貞(こうてい)さん(88)は「上には上がいることを知った。県大会までにさらに技に磨きをかけたい」と意気込んだ。


チーム「西銘」の(前列右から)山元康子さん、上江洲智隆さん、譜久里広貞さん、盛吉秀雄さん。久米島から2人の応援団も訪れた=6月25日、糸満市の真栄里屋外運動場

 2014年、県ペタンク協会が久米島町に普及に訪れたことがきっかけで、じわじわと人気を集めている。18年5月には第1回大会が町内で開催され、28チームが参加。チーム「西銘」が優勝し、南部地区大会への派遣が決まった。

 島内の公民館前広場で練習を重ねてきた。山元康子さん(64)は「みんなで一緒にできるから楽しい」と笑顔を見せた。上江洲智隆さん(82)も「つえをつくような年でも楽しめる競技で、練習は楽しい」と続く。

 譜久里さんは「もっと練習しないと勝てない」と技術向上を誓う。盛吉秀雄さん(83)は「仲間がこんなに真剣だと、こちらも真剣になる。この年になってもこんな仲間がいるなんて、幸せだ」と話し、「(試合に)勝つともっとうれしくなるはず。県大会ではいい成績を残せるよう、またみんなで練習したい」と話した。