社会

米軍が津堅島でパラシュート降下 今年5度目、地元反対押し切る

米軍ヘリからパラシュートで降下する兵士ら=19日12時29分、うるま市津堅島訓練場水域

 【うるま】米軍は19日正午すぎから、うるま市の津堅島訓練場水域で、今年5度目となるパラシュート降下訓練を行った。午後3時30分までに3回にわたって訓練を実施し、延べ16人がパラシュートで降下した。

 19日午後0時30分ごろ、米軍ヘリからパラシュートを着けた米兵5人が海域に降下しているのが確認された。

 同日午後1時9分には米軍ヘリから米兵6人がパラシュートで降下した。さらに午後2時14分、米軍ヘリから米兵5人が降下した。


この日2回目の訓練で米軍ヘリからパラシュートで降下する6人の米兵ら=19日午後1時9分、うるま市津堅島訓練水域

 同訓練は県や市、市議会は危険性が高いとして同水域で訓練しないよう強く求めていた。

 訓練は午後5時まで続けられる。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス