社会

【台風10号】20日夜遅くに暴風警報 本島最接近は21日朝から昼前

台風10号、20日午後6時現在の位置(ひまわり8号リアルタイムWebより)

 台風10号は20日午後5時現在、南大東島の南南西約290キロにあり、1時間におよそ15キロの速さで北西に進んでいる。

 今後、発達しながら北上し、大東島地方に20日夜遅く、沖縄本島地方には21日朝から昼前に最接近する見込み。沖縄気象台は20日夜遅くに暴風警報を発表する予定だ。

20日午後5時現在、台風10号の中心気圧は985ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートル。中心の東側500キロ以内と西側330キロ以内で風速15メートル以上の強い風が吹いている。21日午前3時には、台風の中心が那覇市の南南東約160キロに達する予想。


台風10号の経路図(20日午後5時現在、気象庁ホームページより)

 沖縄本島地方は21日明け方から暴風となる見込み。台風の進路によっては、大東島地方も暴風となる可能性がある。沖縄本島地方と大東島地方は21日にかけてうねりを伴った高波となる。沖縄気象台は20日午後4時33分、沖縄本島地方に波浪警報を発表した。

 20日に予想される最大風速は沖縄本島地方で20メートル(最大瞬間風速30メートル)、大東島地方で23メートル(同35メートル)、先島地方では15メートル(同25メートル)。21日は沖縄本島地方で30メートル(同45メートル)、大東島地方で20メートル(同30メートル)、先島地方で18メートル(同30メートル)。21日は積乱雲が発生し、激しい突風による被害の起こる恐れがある。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス