社会

【台風10号】沖縄本島あす未明に暴風警報発表 速度落とし接近 あす朝から暴風、昼前から昼過ぎに最接近

台風10号、20日午後6時30分現在の位置(ひまわり8号リアルタイムWebより)

 台風10号は20日午後6時現在、南大東島の南南西約240キロにあり、1時間におよそ15キロの速さで北北西に進んでいる。今後、南大東島の南海上を発達しながら北西に進み、大東島地方に20日夜遅く、沖縄本島地方には21日昼前から昼過ぎに最接近する見込み。沖縄気象台は21日未明に暴風警報を発表する予定だ。

 20日午後6時現在、台風10号の中心気圧は985ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートル。21日午前6時には那覇市の東南東約120キロに達し、予報円の中心から半径170キロ以内では風速25メートル以上の暴風域に入る恐れがある。

 沖縄本島地方は21日朝から暴風となる見込み。台風の進路によっては、大東島地方も21日未明にかけて暴風となる恐れがある。


台風10号の経路図(20日午後7時現在、気象庁ホームページより)

 沖縄県バス協会は20日午後5時、21日の始発から午後1時まで路線バスを運休すると発表した。沖縄都市モノレール(ゆいレール)も21日は始発から運休を決めた。「運転再開は状況によって判断、案内する」としている。

 沖縄本島地方と大東島地方では、21日にかけてうねりを伴って大しけとなる。沖縄気象台は20日午後4時33分、沖縄本島地方に波浪警報を発表した。

 20日に予想される最大風速は沖縄本島地方で20メートル(最大瞬間風速30メートル)、大東島地方で23メートル(同35メートル)、先島地方では15メートル(同25メートル)。21日は沖縄本島地方で30メートル(同45メートル)、大東島地方で20メートル(同30メートル)、先島地方で18メートル(同30メートル)。

 沖縄本島地方は21日夕方まで暴風が続く見込み。積乱雲が発生し、激しい突風による被害の起こる恐れもあり、沖縄気象台が警戒を呼び掛けている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス