社会

【台風10号・20日午後9時現在】沖縄本島地方21日朝から夕方まで暴風

台風10号の経路図(20日午後10時現在、気象庁のホームページによる)

 台風10号は20日、大東島地方を強風域に巻き込みながら北上し、発達しながら沖縄本島地方の方向へ進んだ。風速25メートル以上の暴風域を伴いながら、21日朝から昼前にも沖縄本島地方を直撃する見込みだ。夕方まで暴風が続く予想で、沖縄気象台が厳重な警戒を呼び掛けている。

 20日午後9時現在、台風10号の中心気圧は985ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートル。21日午前9時には名護市付近に達し、最大風速30メートル、最大瞬間風速40メートルの予想。予報円の中心から半径170キロ以内は風速25メートル以上の暴風域に入る可能性がある。沖縄本島地方は21日朝から暴風となり、夕方まで続きそうだ。

 本紙の取材によると、県内32市町村が20日、避難所を開設した。同日午後9時現在、18市町村に70世帯85人が避難している。

 21日は路線バスが始発から午後1時まで、沖縄都市モノレールも始発から運休が決まっている。県内のデパートや大手スーパーの一部は、21日午前を臨時休業に。イベントの中止や延期も相次いで決まった。

 沖縄本島地方と大東島地方は21日、うねりを伴って大しけとなる見込み。沖縄本島地方では昼過ぎから夕方にかけて、多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る予想。激しい突風にも注意が必要だ。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス