社会

【熱帯低気圧・22日午後3時現在】台風の「卵」、八重山地方へ接近 23日、台風に発達か

熱帯低気圧、21日午後3時50分現在の位置(ひまわり8方リアルタイムWebより)

 沖縄気象台によると、22日午後3時現在、石垣島の南西約280キロの海上にある熱帯低気圧は今後、先島諸島付近で23日にも台風となり、八重山地方にかなり接近する見込み。

 先島諸島では22日に東の風が次第に強まり、23日は非常に強い風が吹く見込み。熱帯低気圧の接近に伴い、23日は先島諸島の多いところで1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。23日正午までに予想される雨量は先島諸島で120ミリ。沖縄気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼び掛けている。

 熱帯低気圧は22日午後3時現在、1時間に20キロの速さで北へ進んでいる。中心気圧は998ヘクトパスカルで最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。


熱帯低気圧の経路図(22日午後3時現在、気象庁のホームページより)

 12時間後の23日午前3時の予想では、まだ熱帯低気圧のままだが、石垣島の西約80キロの位置を1時間に20キロの速さで北北東に進む予測。最大風速は15メートルで最大瞬間風速は23メートル。

 24時間後の23日午後3時の予想では石垣島の北北西約240キロにあり、1時間に20キロの速さで北へ進む。中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。この時点では台風に成長している見通し。 

 予想される先島諸島の最大風速(最大瞬間風速)は22日15メートル(23メートル)、23日20メートル(30メートル)となっている。

 沿岸の海域ではうねりを伴い、先島諸島と沖縄本島地方では波が高く、23日にかけて次第にしける見込み。沖縄気象台は23日にかけてうねりを伴った高波に注意するよう呼び掛けている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス