経済

今年の夏旅行 人気の行き先は? 1位は沖縄?北海道?

 日本旅行業協会(JATA、田川博己会長)は23日までに、会員229社を対象にした2018年の夏休み旅行の人気調査で、沖縄が昨年に続き2位になったと発表した。1位は北海道で、沖縄が僅差で追っているという。

 JATAが5日に発表した。国内旅行の傾向を示す国内大手6社の夏休み予約状況は、沖縄は7月92・7%、8月96・5%、9月100・1%で、はしかの影響はあったものの2位をキープした。夏休みの定番旅行先で、家族旅行の人気が高いという。調査はJATA会員229社の営業、企画、カウンター業務の担当者が売れ行きなどを踏まえて調査に答えた。

 県の嘉手苅孝夫文化観光スポーツ部長は23日にコメントを発表し「来年は1位になれるよう官民一体となったさまざまな魅力向上に努めていきたい」とした。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス