地域

「失敗が成長の糧に」 キングス・岸本主将講演 北部農林高校

講演する岸本隆一さん(右)と進行役を務めた空馬良樹さん=19日、名護市の県立北部農林高校

 【名護】プロバスケットボールBリーグの琉球ゴールデンキングス主将を務める岸本隆一選手が19日、沖縄県名護市の県立北部農林高校を訪れ講演した。「夢を実現するためにやるべきこと」と題して講演した岸本さんは「困難にぶつかった時に、『何で失敗したのか』と考え、次の行動につなげることが成長につながる」と呼び掛けた。

 同校の生徒約500人が耳を傾けた。講演会の進行は吉本興業のお笑い芸人、空馬良樹さんが務めた。

 岸本さんは名護市出身。兄の影響で小学校3年生からバスケットボールを始めた。「バスケットを始めた時は、プロ選手になるとは思ってもみなかった」と話す。

 一方で将来の夢や、やりたいことが決まっていない時には「長い人生の中で、高校生にはまだ時間がある」と強調。「明日に希望を持ち、前向きに生きているだけで、やりたいことができる『チャンス』が来る。焦らないでほしい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス