政治

小野寺防衛相「変更が出るという報告はない」 辺野古埋め立て「撤回」受け

小野寺五典防衛相

 【東京】翁長雄志知事が辺野古新基地建設の埋め立て承認撤回に向けた手続き開始を表明したことを受けて、小野寺五典防衛相は27日午前の会見で「聴聞通知書が届きましたら内容を精査の上、適切に対応したい」と話した。

 一方、実際に撤回された場合に工事に与える影響については「現在工事を適切に進めている。何か変更がでるという報告は上がっていない」と述べるにとどめた。

 県が軟弱地盤の存在などを指摘していることには「指摘されていることに関しては現在実施中のものも含めたボーリング調査結果を含めて総合的に判断する」と語った。

 県と国の対立が深まっていくことに対しては「今回の工事は普天間飛行場の危険性除去を1日も早く行うという考えで進めている。これからも県にその考え、工事に関わるさまざまな内容について丁寧に説明したい」と話した。【琉球新報電子版】