経済

現職の宜保氏 出馬へ 豊見城市長選 支持団体要請を受諾

 宜保晴毅氏

 【豊見城】10月14日投開票の豊見城市長選挙で、現職の宜保晴毅氏(50)は30日、市議や元市議、市民らでつくる支持団体からの出馬要請を正式に受諾した。宜保氏は琉球新報社の取材に「市には国保の赤字問題など課題もある。市民サービスを向上させながら課題を解決するのは大変だが、責任を持って臨みたい」と述べ、出馬する意思を表明した。8月中旬に支持者らと共に会見を開き、正式に出馬を表明する。

 豊見城市長選には、前市議の宜保安孝氏(41)が既に出馬を表明し、晴毅氏の後援会を退会した市議らが支持している。一方、市議の山川仁氏(43)も市議会野党の候補者選考委員会からの出馬要請を受諾し、8月8日に正式な出馬表明会見を開く予定。同市長選は三つどもえになる見通しだ。

 晴毅氏は22日に出馬要請を受け、出馬する決意を明言していた。晴毅氏は「3期目では県や国とのパイプと、これまでの経験を生かしたい」と述べた。

 晴毅氏は1968年3月14日生まれ。市高安出身。沖縄大卒。会社役員を経て2007年2月豊見城市議初当選。10年の市長選で初当選し、現在2期目。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス