政治

「治療の都合」知事登庁せず 国庫要請出張も微妙に

 翁長雄志沖縄県知事は30日、「病院での治療の都合」のため県庁に登庁せず、政策会議などを欠席した。先週の全国知事会議も出席を取りやめており、8月1日からの国庫要請の出張も微妙な状況になっている。

 翁長知事は27日に辺野古埋め立て承認の撤回表明で記者会見を開いた。8月2、3日は2019年度沖縄関係予算の概算要求に向け、官邸や内閣府などに出向いて県の要望を直接伝えること予定をしている。

 ただ、県幹部は「今のところ国庫要請の知事対応に変更はないが、直前まで調整する」と述べた。

 26、27日に札幌市で開かれた全国知事会議も出席を予定していたが、体調への影響を考慮して出席を見送った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス