スポーツ

首里が2年ぶり頂点 東海総体なぎなた団体試合

団体試合で2年ぶりの優勝を飾った首里高校なぎなた部員ら=7日、三重県津市の久居体育館

 【東海総体取材班】2018年度全国高校総合体育大会「2018 彩る感動 東海総体」のなぎなた競技が7日、三重県の津市久居体育館であり、団体試合決勝で首里が大分西を2―0で下し、2年ぶりの頂点に立った。

 個人では首里の安次嶺心が決勝まで勝ち進んだが、神山愛姫(愛媛)に延長戦の末に敗れ、準優勝だった。沖縄尚学の牧田千佳は準々決勝で敗れ、5位だった。【琉球新報電子版】