社会

台風、週末接近恐れ 14号が発生、沖縄地方へ

台風14号(8日18時現在)

 8日正午ごろ、フィリピンの東で台風14号が発生した。同日午後6時現在、フィリピンの東にあり、1時間におよそ10キロの速さで東北東に進んでいる。10日から11日にかけて大東島地方、11日から12日にかけては沖縄本島地方に接近する可能性がある。

 台風14号は8日午後6時現在、中心気圧994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速25メートルで、中心の南側500キロ以内と北側220キロ以内で風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 沖縄気象台によると、台風は勢力を維持したまま北上し、大東島地方を直撃する恐れがある。大東島地方では、9日夕方には波の高さが3メートルとなる見込みで、気象台が注意を呼び掛けている。