社会
台風14号接近

【台風14号】11日夜に沖縄本島最接近 大東島は11日午前中

台風14号(10日午前9時41分現在、NICT「ひまわり8号リアルタイムWeb」より)

 沖縄気象台によると、台風14号は11日(土)午前中には大東島地方、11日夜には沖縄本島地方に最も接近する見込み。

 沖縄気象台は強風やうねりを伴った高波、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼び掛けている。

 台風14号は、10日午前9時には、南大東島の南南東約350キロにあり、1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。


台風14号の予想経路図(10日午前9時現在、気象庁HPより)

 24時間後の11日午前9時の予報では那覇市の東約190キロを1時間に20キロの速さで北西に進む。中心気圧は992ヘクトパスカルの予報。暴風域を持たないまま大東島地方や沖縄本島値方に接近する見通し。

 台風の接近に伴い、大東島地方では10日から、沖縄本島地方と奄美地方では11日には、強い風が吹き、海はしける見込み。11日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄本島地方と大東島地方18メートル(25メートル)、先島諸島が15メートル(25メートル)、11日に予想される波の高さは沖縄本島地方4メートル、大東島地方5メートル、先島諸島3メートルとなっている。【琉球新報電子版】