社会

きょう県民大会 新基地反対

 米軍普天間飛行場の県内移設に伴う名護市辺野古の埋め立て阻止に向けた「土砂投入を許さない!ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8・11県民大会」(辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議主催)が11日午前11時から、那覇市の奥武山公園内で開かれる。沖縄防衛局が17日からの開始を通知した土砂投入計画の撤回を求める決議を採択するとともに、8日に死去した翁長雄志知事を哀悼し、遺志を受け継ぐことを確認する。

 当日は大会カラーの「青色」で会場を染めるほか、翁長知事を悼む喪章や黒いリボンを身に着けることを呼び掛けている。参加者全員で黙とうをささげる。