社会
台風14号接近

【台風14号】11日夜遅く沖縄本島地方に最接近 大東島地方は11日朝

台風14号(11日午後9時現在、気象庁HPによる)

 気象庁によると、台風14号は10日午後9時現在、南大東島の南南東約290キロにあり、1時間に約10キロの速さで北に進んでいる。

 中心気圧994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。今後は北西に進み、11日朝に大東島地方、11日夜遅くに沖縄本島地方に最接近する見込み。

 台風14号は、11日午後6時には那覇市の南南西約60キロに進む予想。

 大東島地方では、11日に最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル、沖縄本島地方では最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートルが予想される。先島諸島でも昼すぎから北西の風が強く吹く見込み。

 沖縄気象台によると、沖縄本島地方では11日夕方から、多いところで1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。沖縄気象台は強風や、うねりを伴う高波に注意を呼び掛けている。【琉球新報電子版】