スポーツ

FC琉球、盛岡に5-2で逆転勝利 J3首位維持

 サッカー明治安田J3の第20節、FC琉球は沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでグルージャ盛岡と対戦し、5―2で逆転勝利した。通算成績を11勝5分け3敗とし、勝ち点は38でリーグ首位は維持した。 

 琉球は相手へのプレッシャーが弱く、前半38分に盛岡の谷口海斗に先制を許した。前半終了間際に相手オウンゴールで追いつくも、後半5分には再び谷口にシュートを決められ、勝ち越しを許す。しかし、その5分後には徳元悠平のクロスからファーサイドの富樫佑太が右足で合わせて試合を振り出しに戻すと、枝本雄一郎、中川風希とゴールが続いた。最後はこの日2点目となる富樫のミドルで盛岡を突き放した。

 琉球は9月2日、静岡県の藤枝総合運動公園サッカー場で藤枝MYFCと戦う。
【琉球新報電子版】