芸能・文化

山野ジャズコン 琉球大、順位上げ25位 エンターテイメント性で高く評価

 学生ジャズオーケストラの全国一を決める第49回山野ビッグバンドジャズコンテストが22、23の両日、東京都府中市の府中の森芸術劇場で開催され、同志社大ザ・サード・ハード・オーケストラが第1位の最優秀賞を獲得した。2年連続2度目の出場を果たした琉球大モダン・ジャズ・オーケストラ(MOJO)は昨年の27位から上げて25位だった。


山野ビッグバンドジャズコンテストで演奏を披露する琉球大モダン・ジャズ・オーケストラ=23日、東京都の府中の森芸術劇場(株式会社山野楽器提供)

 35バンドが出場。琉球大は23日に登場し、カウント・ベイシーのナンバーから「ファンシー・パンツ」など3曲を披露。通常は5本編成のサックスセクションを8本で組み、メンバーによる寸劇仕立てのMCなども含めて会場を楽しませた。

 審査員講評で、トランペッターのエリック・ミヤシロ氏からサックスのアンサンブルについて注意を受けたが、エンターテインメント性は高く評価された。

 メンバーでバリトンサックスの南波晃司さんは「全て出し切り、他大とは違うステージを楽しんでもらうことができた。沖縄の皆さんから多くの支援をもらい感謝したい。来年は残ったメンバーでシード権獲得(20位以内)を目指す」と話した。