地域

居酒屋ぽこぽん、グランプリ獲得 ナゴワン「ハイケイ料理」

グランプリの「ハイケイ チャン小鍋」

 【名護】卵を産む役目を終えた鶏「ハイケイ」を食材に、沖縄県名護市内の飲食店19店舗が創作料理の勝負を競う「第5回75・1(ナゴワン)グランプリ」の審査結果がまとまり、ぽんぽこ居酒屋ぽこぽん=名護市城=の「ハイケイ チャン小鍋」がグランプリを獲得した。

 75・1グランプリは「オリオンビールに合う」をコンセプトに7月5日から27日まで競い、約800の投票があった。投票者は味、見た目、独創性、コストパフォーマンスをそれぞれ三つの星で審査した。

 「ハイケイ チャン小鍋」は、炭火焼と麹(こうじ)漬けの2種類のハイケイを鍋に入れ、二つの味が楽しめるほか、残った汁に自家製の麺を入れ、締めも堪能できる。

 2位以下は次の通り。

 ▽2位・なごぬふぁ宮里店「スパイシービアチキン」

 ▽3位・小料理ひざくら「ハイケイのシークヮーサー餡(あん)かけ」

 ▽特別賞・串焼居酒屋たけちゃん本店、居酒屋金太郎本店


ナゴワンGPに出場した飲食店の関係者