政治

玉城デニー氏一問一答 現県政の「撤回」を支持

 ―知事選の争点と意義は。

 「翁長知事が進めていた沖縄21世紀ビジョンやアジア経済戦略構想などをさらに進める。私の考えもその中に込める。辺野古の新基地建設の是非は避けて通れない争点だ。私は辺野古埋め立て承認の撤回を支持している。この選挙でもその思いをしっかり伝えたい」

 ―「撤回は支持する」と述べたが、現県政が撤回するのが望ましいということか。

 「知事の遺志を引き継がれた両副知事が行政としてしっかり判断されると思う。私はそれをしっかり支えていく」

 ―撤回後には国との裁判が控えている。辺野古の基地建設をどう止めるのか。

 「県民にいつまで日米安保の過重な負担を押し付け続けるのかと国会でも訴えてきた。その方向性は翁長知事と1ミリもぶれない」

 ―日米同盟、日米地位協定への考えは。

 「私は保守中道で日米同盟を容認するスタンスだ。しかし現在の日米同盟は非常に偏った関係になっている。抜本的に解決するには日米地位協定の改定を含め、国がしっかり姿勢を示すことだ」

 ―相手は既に出馬を表明している。佐喜真氏への評価や思いは。

 「人物評価は県民の皆さんにしていただければいい。だがこの間の報道を見ると(相手候補は)翁長知事と全く違う考えの方であるはずなのに、翁長知事の遺志を引き継ぐようなことを言っている。それを私は選挙戦で明らかにしたい。討論会には積極的に参加してほしい」



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス