スポーツ
釣りへ行こう

屋我地沖でタマン、オニヒラ

9月7日、屋我地島沖でタマンやオニヒラアジほかを釣った杉原正浩さん

 ユニチカ営業マンの杉原正浩さんは、冬場はアオリイカ、夏場はタマンなどを狙って年数回は沖縄を訪れる。7日、県内在住の宮城調秀さん、小甲豪さんを誘って3人で、屋我地漁港からバディー(与那城守幸船長)で屋我地島沖のライトゲームに挑戦した。

 午前8時出船。大雨が降ったり10メートル前後の風が吹いたりと目まぐるしく変化する天気に合わせて、屋我地島沖を中心に古宇利島沖や屋我地水路とポイントを変えた。屋我地島周辺ではヤミハタやイシミーバイ、ビタローなどの小物がコンスタントに釣れた。

 最初に大物を釣ったのは宮城さん。竿(さお)を大きく曲げて釣れたのは3キロ前後のオニヒラアジ。続いて杉原さんが2~3キロのタマンやオニヒラアジ、ツチホゼリなど。夕方になって小甲さんにも良型タマンが釣れ、午後5時すぎに納竿(のうかん)した。バディー(電話)090(4778)9886。

 9日、泡瀬漁港でGFG親睦三魚種ブッコミ釣り大会が開催された。3魚種までの総重量を競った。

 ▽1位 平良英雄 3匹 8・43キロ

 ▽2位 宮良佳樹 2匹 5・09キロ

 ▽3位 照屋智也 2匹 4・52キロ

 9日、浜田漁港で第33回MFG沖縄懇親フカセ釣り大会が開催された。30センチ以上の3匹までの総重量を競った。

 ▽1位 天久泉信 3・405キロ

 ▽2位 赤平祐介 2・67キロ

 ▽3位 加福大地 2・5キロ

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


9月8日、本島東海岸でシジャーを餌に128センチ・23キロのロウニンアジを釣った金城幸樹さん

9月9日、第33回MFG沖縄懇親フカセ釣り大会で上位入賞した(左から)加福大地さん、天久泉信さん、赤平祐介さん


8月14日、那覇一文字で48センチ・1.58キロの尾長グレを釣った末吉聡さん

9月2日、パヤオで3.15キロのキハダマグロほかナガユーやカツオ、マンビカーなどを釣った三留翔鳳さん


9月4日、奥武島で41.8センチ・1.16キロのチンシラーと39.3センチ・1.08キロのカーエーを釣った光岡康弘さん

9月8日、国頭海岸で64センチ・4.59キロのアカジンと52センチ・3.64キロのゴマモンガラを釣った仲村美菜子さん


9月9日、宜名真海岸で59センチ・3.62キロのトカジャーを釣った宮平聖士さん

9月7日、石垣港で44センチ・1.5キロのカーエーを釣った上原大志さん(フィードマン)


9月9日、GFG親睦三魚種ブッコミ釣り大会で上位入賞した(左から)宮良佳樹さん、平良英雄さん、照屋智也さん

9月9日、北中城海岸で59.1センチ・2.62キロのタマンを釣った松田剛一さん


釣りへ行こう
関連するニュース

久茂地川で15キロのGT

2018年8月31日 15:05

悪天候でも次々ヒット

2018年8月24日 19:04

初めての沖釣りで大漁

2018年8月17日 15:05

糸満筏で初めての釣り

2018年8月10日 16:16