スポーツ

FC琉球、敗れる 首位は堅持

 サッカーの明治安田J3第24節は15日、各地で行い、単独首位のFC琉球は大阪府の吹田スタジアムでガンバ大阪U23に0―2で敗れた。琉球は14試合ぶりの黒星を喫し、戦績は13勝5分け4敗、勝ち点は44で単独首位は維持している。

 相手の堅守でなかなかパスがつながらず、主導権を握られた琉球は前半終了間際に先制を許した。後半はシステムを変えるなどしたがゴールは遠く、後半22分に逆に追加点を奪われた。

 琉球の次戦は22日午後7時から、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで2位の鹿児島ユナイテッドFCを迎え撃つ。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス