社会

小4いじめ自殺で両親が豊見城市などを提訴

記者会見する父親と弁護士=12日、県庁記者クラブ

 2015年10月に豊見城市内の小学4年(当時)の男児が自殺した問題で、いじめの実態を知りながら適切な対策を怠った学校側に過失があるなどとして、男児の両親が12日午前、豊見城市や共同不法行為としていじめていた児童の保護者ら5人を相手に約7800万円の損害賠償を求める訴訟を那覇地裁に起こした。

 提訴後に県庁で会見した男児の父親は「学校が適切な対処をすれば命を落とすことはなかった。市教育長はいじめについて謝罪したが、学校の対応についての謝罪はなかった。学校側の責任を問い再発防止につなげるためにも提訴すること決めた」と話した。【琉球新報電子版】