社会

モノレールが約20分間、全線で運行停止 故障で発煙か?

沖縄都市モノレール(ゆいレール、資料写真) ※本文と写真は直接関係ありません

 沖縄都市モノレール(ゆいレール)の複数の駅によると、14日午後4時30分ごろ約20分間、全線で運行を停止した。運転は14日午後4時52分に再開されている。

 壺川駅で14日午後4時18分に車両故障が発生したため、運転を停止した。駅によっては、乗客がいったん乗車券を購入したが、運行が停止されたため払い戻しをしてバスやタクシーを利用するなどの影響もあったという。

 沖縄都市モノレールはホームページで運転停止の理由について、「車両トラブル」としている。

 乗客の情報によると、14日午後4時15分すぎ、走行していたモノレールで発煙が確認され、壺川駅で乗客全員が降ろされたという。乗客は「臭かった」などとしている。【琉球新報電子版】