スポーツ

コラソン泥沼6連敗 JHL 湧永製薬に23―24

 日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは14日、佐賀県の神埼中央公園体育館で湧永製薬と対戦し、23―24で惜敗した。コラソンは開幕戦の勝利以降、6連敗となった。

 前半は福田丈のシュートをきっかけに3連続得点と上々にスタートし、前半を15―10で折り返した。後半に入ると相手GKの好セーブやパスミスなどで攻撃機会を失い、その間に湧永製薬の連続得点で同点に追い付かれ、終了2秒前に相手にゴールを決められ、惜しくも勝利を逃した。

 コラソンは11月10日午後6時から、ANA ARENA 浦添(浦添市民体育館)で湧永製薬と戦う。同日は午後3時半からトヨタ車体―大崎電気戦も行われる。