教育

「子どもの気質を子育てに生かそう」 植木理恵さんが講演

子育てについて語る心理学者で臨床心理士の植木理恵さん

 日経教育グループ講演会「子育てが楽しくなる心理学 ~親も子もハッピーに~」(主催・日経教育グループ、琉球新報社)が21日、沖縄県那覇市泉崎の琉球新報社であった。心理学者で臨床心理士の植木理恵さんが登壇した。約450人が来場し、話に聞き入った。

 植木さんは人間の気質について触れ、「外向的か内向的か」「情緒安定型か不安定型か」の気質によって人間は分けられると説明した。「自身の子どもがどちらの気質を備えているかを理解し、その気質を生かすことが子育てにおいては重要だ」とアドバイスした。


心理テストの質問に手を挙げて答える来場者ら=21日、那覇市泉崎の琉球新報ホール

 また、クラスで友達にしたいタイプが、年代によって全国的に変化していることを紹介し、45年前は「優しい子」、25年前は「明るい子」に人気があったものの、現在は「面白い子」の人気が高い傾向にあるとした。

 講演中、出演しているテレビ番組の共演者との裏話も披露し、会場は笑いに包まれた。来場した前原由美子さん(47)=浦添市=は「大変参考になった。子育てに生かしていきたい」と話した。